お知らせ

2019/10/07

最新の洗面化粧台で、朝も夜も快適に!

05a5d6fd6f00fea0d641b5fd569604c3_m.jpg

 

 どのご家庭でもほぼお風呂の脇にある「洗面化粧台」。洗面や脱衣のほか、洗髪やメイクルームとしても利用されるようになってきているので、“洗面化粧室”や“洗面ドレッシング”と言われたりもしています。
 忙しい朝や、寝る前のリラックスタイムに使用するなら、使い勝手がいいのが一番ですよね。
 最近はとっても使いやすく進化しているので、ぜひ、洗面化粧台もリフォームリストに入れてみてください♪


理想の洗面空間に!
 一般的な洗面化粧台は、洗面ボウル、鏡、水栓、収納ユニットがセット化されています。
 洗面ボウルに継ぎ目がなく、汚れのつきにくい一体成型カウンターになっていることや、鏡面のくもり止め、電力消費が少ないLED照明などは、各メーカー・機種にほぼ共通しています。
 あえて洗面ボウルとカウンターを別にした、ちょっとレトロでおしゃれなデザインもあります。もちろん、収納も大事。いろいろな要素をふまえて、理想の洗面空間を実現しましょう♪

 

100307.png


もっとも進化しているのは、水栓金具!
 お湯と水の量を別々に調整するので、2バルブタイプ(青=水、赤=湯)から、1つのバルブでカンタンに適温と湯量が調節できるシングル混合ダブルが一般的になってきました。
 また洗髪・シャンプーもできるよう、ヘッドが引き出せるホース付きや高さ調節ができるタイプも増えてきました。
 さらに、手を差し出すだけで水が出るセンサー機能搭載の自動水栓や、お湯が出るまでの待ち時間がほぼなく、無駄な捨て水をしなくていいタイプもあります。


掃除しやすく、いつもキレイに使えます
 ほか、洗面ボウルの素材や排水口も進化中です。
 素材は「人造大理石」「アクアセラミック」「有機ガラス系新素材」など、水アカや汚れがつきにくい素材になっています。
 排水口には、ヘヤーキャッチャー付きや、奥の汚れまで取れるタイプが登場し、掃除しやすく、いつもキレイに使えるよう工夫が進んでいます。


 ぜひ当社までご相談ください!

2019/09/05

安全に入れて、ゆったりくつろげるバスタイムを♪

 バスルームをリフォームする目的として、「傷んできた」「グレードアップしたい」などのほか、「バリアフリー化」を挙げるお客様が増えています。

 

 

風呂メイン.jpg

  

 

危ない、寒い……バスルームのお悩み、ありませんか?

 

 高齢化で足腰が弱くなり、歩行や立ち振る舞いが不自由になってきた。なかには、車いすや介護が必要になってきたご家庭もあります。また、お年寄りに多いヒートショック(血圧変動にともなう脳卒中や心筋梗塞など)を避けるため、リフォームを依頼されるご家庭もあります。

 

 

風呂イラスト.jpg

   

★たとえば、こんなお悩みはありませんか?

 

・脱衣所、バスルームが寒い

・脱衣所と浴室の段差が大きく、つまづく

・浴室の床が滑って危ない

・バスタブにつかるとき、またぐ足元がおぼつかない・危ない

 

 

そのお悩み、解消できます!

 

 こういったお悩みは、浴室暖房乾燥機の設置、段差解消、手すりの設置、脱衣所へファンヒーター設置……等々で解消することができます!

 また万が一バスルームで倒れてしまったときにすぐに助け出せるよう、扉は折れ戸か3枚引き戸にするなど、バリアフリーを目的としたリフォームではさまざまな工夫があります。

 

 リフォームをするにあたり、お客様にまずオススメしたいのは、5年後、10年後のライフスタイルがどうなるか、そしてどう改修したいのか、ご家族でじっくり話し合っていただくこと。そしてご不明点がありましたら、なんでも当社までご相談ください!

 

2019/08/05

ガス炊飯でぴかぴか、もちもちのご飯を食べよう♪

暮らしメイン.jpg

 

  暑い日が続くときこそ、しっかりご飯! お米をおいしく食べましょう。

 ガスでご飯を炊くと、ぴかぴか、もちもちのお米に!

 なぜなら、ガスならではの強火がおいしく仕上げてくれるからです。最近は、ガスコンロで炊く人も増えています。 

 

 

 

ガス炊飯器なら、おこげもできる♪

 炊き方は、初めちょろちょろ、中ぱっぱ、赤子泣いてもふた取るな……その昔、ご飯は土間にすえられた「かまど」で炊いていました。そのおいしさをよみがえらせてくれるのがガス炊飯器です!

 かまどと同じような熱伝熱で、お米一粒一粒にまで熱を行きわたらせるので、炊き上がりはぴかぴか、もちもち。直火炊きのおいしさが味わえます。おこげだってできちゃいますよ。

 ガス炊飯器も電子ジャー(保温)、タイマー付きになっているので、“家電感覚”でつかえます()。また、ガス栓との接続も、電気コンセントと同様にカンタンで安心です。

 炊き上がりの「もちもち」と「おこげ」を細かく調節できるほか、炊飯メニューも本焚白米、白米、白米急ぎ、炊き込み、おかゆ、玄米と多彩。だから、お好みや献立に合わせて細かく炊き分けられます。

機能は機種によって異なります。タイマー付きは別売の専用ガスコードを使用します。 

 

 

コンロでご飯を炊く派も増えています!

暮らし土鍋.jpg

 

 コンロで、おいしいご飯を炊くには、土鍋をつかいましょう!

 炊飯モードが付いているコンロなら、火力調節や時間を自動で調整。ご飯が炊けたらお知らせし、自動で火が消えます。なんだか難しそう……と思うかもしれませんが、コツをつかめば、意外とカンタンですよ!

 

2019/07/05

換気扇のお掃除に困っていませんか?

全体イメージ.jpg
シロッコファン式の換気扇で、すっきりしたキッチンに♪

 

   キッチンでの困りごとと言えば、換気扇もその一つ。「すぐ汚れる」「掃除が大変」と思っている方も多いと思います。

実はその多くは、プロペラファン式の直接排気型。また、キッチンの壁はタイルやステンレスが多く、こちらも油がべっとりつきやすいのです。換気扇は外さないと掃除できないし、キッチンの壁も掃除しづらく、大変ですよね。

 

 そこで、ぜひシロッコファン式の換気扇をご検討ください! シロッコファンとは、縦長の細長い板状の羽根が筒状にとりつけられているファンのことです。

このタイプは、天井裏や壁などに設けたダクトを介して、煙や湯気を排気口まで誘導します。整流板によるすき間風現象を生かし、下から吸い込む力を高める一方、ファンによる遠心力で、排気中の油分を分離します。

 

2プロペラ式.jpg
プロペラファン式

3シロッコファン式.jpg
シロッコファン式

 

  

 シロッコファン式のメリットは、とにかくお手入れが簡単なこと! そして、油煙の吸引力がパワフルなことです。またプロペラファン式に比べると各段に静かなうえ、安全・安心で節電効果も大きいので好評です。

 最近は掃除が長期間必要ないタイプや、セルフクリーニング機能を持ったタイプ、フッ素や親水コーティングなど特殊加工したタイプなどが続々登場。ファン掃除の10年不要を謳った製品もあります。

 さらに、調理の煙や熱などをセンサーでキャッチし、自動的に省エネ運転をするタイプや、リモコンで遠隔操作ができるタイプも。

 

 オススメは、ガスコンロを使用すると自動的に換気をスタートさせる自動運転タイプ。換気不足の不安がないうえ、消し忘れもなくなります。

 近年はダイニングとリビングの一体化で、デザイン性とともに、住まい全体の換気計画との調和が求められるようになってきています。 

 

2019/06/05

ガス浴室乾燥暖房機で健康的にキレイになろう!

浴室乾燥メイン.jpg

 

   ガス浴室暖房乾燥機の出番は冬場だけ……そう思われがちですが、実は雨が続く梅雨どきや、蒸し暑い夏にも大活躍します! カビ発生も防げるし、ミストサウナなどの健康・美容入浴ができるタイプもあり、1年中重宝するスグレモノなのです!

 

夏もすっきり爽やかに!

 

浴室乾燥2.jpg 浴室乾燥暖房機は寒い冬場にだけ使うものと誤解されがちですが、実はとても多機能。梅雨どきや長雨、花粉飛散期は衣類の乾燥。シワにならない、紫外線による色落ちがない、すぐ乾く……と、とても快適です。部屋干し特有の嫌なニオイも出ないので安心です。

 暑い夏は、涼風を活用して、すっきり爽やかに入浴できます。ほか、入浴後に乾燥機能を使えば、カビを防止でき、より長く清潔に使えます。

 ガス代が気になる方は、暖房設定温度を低めにしたり、あらかじめ浴室の水滴を拭き取って乾燥時間を短縮したりすれば、コストがより抑えられますよ。

 

 

  

ミストサウナでお肌ケアも

 

 ミストサウナ機能付きなら、低温で湿度が高く、お肌になじみやすいミストサウナが楽しめます。乾いた熱気のドライサウナに比べ、身体への負担が少ないので安心。快適に汗をかくことができ、お肌がつやつやに!

 さらに温泉入浴の魅力の一つ、うたせ湯を我が家で楽しめるタイプも登場しています。「球状のしずく」によるうたせ湯で、温泉気分を味わいつつ、肩こりや筋肉の疲れがほぐせます。その効果は、マッサージ器を上回る快適感を生みます。

 

 

  

もちろん、ヒートショック予防にも!

 

 ヒートショックとは、寒い冬、暖かい室内から冷たい浴室に入り、熱い浴槽に浸かることで血圧が大きく変動し、心臓や脳に大きな負担がかかる状態を指します。入浴時に亡くなる方は、交通事故死の4倍以上、年間2万人弱(東京都健康医療機関)。高齢者世帯にとって浴室暖房は大切です。

 冬場はお風呂への自動湯張りのとき、同時に浴室暖房乾燥機のスイッチを入れておくと、入浴時にはぽかぽか。こうした事故が防げます。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8